|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

佐藤春夫訳「徒然草」二百十二


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

秋の月はこの上なくいいものである。いつでも月をこんなものであると思って、この季節の特別の趣に気がつかぬような人はすこぶる情けない次第である。
メニュー

更新履歴
取得中です。