|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

佐藤春夫訳「徒然草」二百十四


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 想夫恋《そうふれん》という楽は女が男を恋い慕うという意味の名ではない。本来は、相府蓮というのが文字の音が通ずるので変ったのである。これは晋《しん》の王倹という人が、大臣としてその邸家に蓮を植えて愛した時の音楽である。これ以来大臣のことを蓮府ともいう。廻忽《かいこつ》という楽も廻鶻《こつ》がほんとうである。廻鶻国といって強い夷《えびす》の国があった。その夷が漢に帰服してから来て、自分の国の楽を奏したのである。
メニュー

更新履歴
取得中です。