|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

佐藤春夫訳「徒然草」二百二十二


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 竹谷の乗願坊という坊さんが、後深草院の后《ぎさぎ》東二条院のおんもとへ参られた時、亡者の追善には何が一番|利益《りやく》がすぐれているかとおたずねがあったので、乗願坊は、光明真言の宝篋印陀羅尼《ほうぎよういんだらに》でございますと答えたのを、後で、弟子どもがなんであんなことを仰せられましたか、念仏こそ第一等でこれにおよぶものはございますまいとどうしておっしゃらなかったのですかと言ったところが、乗願坊の答えるには、わが宗派ではあり、そう答えたいものではあったが、たしかに念仏が追善に大きな利益があると書いてある経文は見たことがないので、そのことは何経に出ているかと重ねておたずねのあった時、なんとお答えできようかと案じて、根拠になるたしかな経文に従ってこの光明真言宝篋印陀羅尼と申し上げたのであると言われた。
メニュー

更新履歴
取得中です。