|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

佐藤春夫訳「徒然草」二百三十七


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「柳箱《やないばこ》におくのは、縦向きにしたり、横向きにしたり、物品によるものでしょうか、巻物などは縦において、木の間からこよりを通して結びつけます。硯も縦におくと、筆が転ばないでよい」と三条右大臣殿が言っておられた。世尊寺家のお方たちは、かりにも縦におくことはなく、きっと横向きに据えられたものでした。
メニュー

更新履歴
取得中です。