|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

佐藤春夫訳「徒然草」二百四十


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 忍ぶ恋ゆえ憚る人目の窮曲さに心のままならず暗夜にまぎれて通うのに、周囲にはつき守る人の多いのを、無理にも通おうとする心の、深く痛切なのに感動させられて、忘れられないことなども多くなるのであろう。親兄弟が認めて、 一途に迎え取って家に据えておくようなのはあまり公然すぎ露骨にいとわしく、天下晴れてはまぶしく恥かしかろうではないか。世に住みあぐんだ女が不似合いな年寄坊主や卑しい東国人、なんでもよいから、景気のよさそうなのに気をひかれて、さながらに根のない浮ぐさの誘う水にまかせてどこの岸にでもという気になっているのを、媒介人が双方へうまく持ちかけて見も知らず、知られもせぬ人をつれてくる。愚劣千万な話。おたがいに何を話題のいとぐ.ちにすることやら。年来慕って逢うすべもなかった憂さつらさ、恋路の峠をなど語り合ってこそはじめて話の種も趣もつきぬものではあろうに。 一切を他人が取計らってくれたのなどは気の乗らない嫌なことがさぞ多かろう。相手が美しい女であったとしたら、晶格のない老年の男としてはこんなぶざまな自分などのために、勿体ないあんな美しさをむざむざと捨てずともよさそうなものだと、相手の心情も卑しまれ、自分ではつれそうているのも気はずかしくなってしまって、とんとつまらぬ気持であろう。君のそば近く梅香の匂やかな夜のおぼろ月に立ちつくしたり、御垣のもとの草原の露踏み分けて有明月に女のもとを出てくるような経験をわが身の上にふりかえって見ることのできないような入は、好色の心などを起さぬに越したことはない。
メニュー

更新履歴
取得中です。