乱れ撃ち読書録@chipmunk1984 タイムライン 下

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

タイムライン 下


amazon plugin Error : amazonから画像データを取得できませんでした。時間をおいて再度実行してください。また、image=(画像URL)パラメーターを利用することで、画像データを取得せず表示することができます。
書名: タイムライン 下
著者: マイクル・クライトン(酒井 昭伸 訳)




<イメージをクリックするとamazonに進みます>

紹介

ITCはタイムマシンともいうべき装置を開発していた。それを使えば14世紀のフランスとの往き来が可能だという。教授救出のために14世紀に転送されたマレクたちは、騎士達に襲撃され死者を出すなど思わぬ自体に見舞われた。またその影響でITCのタイムマシンに深刻な損傷が--猶予時間は37時間。一行は教授を救出し、無事帰還できるのか?……最先端の量子力学理論を元に描く、驚異のタイムトラベル歴史冒険小説

評価

評点:★★★☆☆ ( 6/10点)
14世紀に旅立った遺跡発掘チームの苦闘が生き生きと描かれています.読み始めると止まらないおもしろさがあります.SF設定は脇役で,SFと思って読むと矛盾が散見されますし,タイムトラベルの理論的説明も中途半端で突っ込みどころは満載です.このあたりの好き嫌いで評価が分かれるところでしょうが,それを上回る物語としてのおもしろさがあります.ただ,最後のドニガーの顛末はちょっと唐突でやりすぎというような気もしますが.

おまけ



映画化もされてますね.こちらは観ていませんがどうだったんでしょうか?