乱れ撃ち読書録@chipmunk1984 ソラリスの陽のもとに
※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ソラリスの陽のもとに



書名: ソラリスの陽のもとに
著者: スタニワフ・レム(浅倉 久志 訳)




<イメージをクリックするとamazonに進みます>

紹介

菫色の靄におおわれ、たゆたう惑星ソラリスの海。一見なんの変哲もないこの海だったが、内部では数学的会話が交わされ、みずからの複雑な軌道を修正する能力さえもつ高等生物だった!人類とはあまりにも異質な知性。しかもこの海は、人類を嘲弄するように、つぎつぎ姿を変えては、新たな謎を提出してくる……思考する<海>と人類との奇妙な交渉を描き、宇宙における知性と認識の問題に肉薄する、東欧の巨匠の世界的傑作

評価

評点:★★★☆☆ ( 5/10点)
1961年の作品でやはり古さは否めない.ファーストコンタクトを題材に人間の内面を描く作品なのだがSF的設定がやはり古すぎて古の名作頭感覚となってしまう.タルコフスキーの『惑星ソラリス』のノベライズと考えて割り切った方が良いかも知れない.ジョージクルーニーの『ソラリス』はあれはあれで...という意見もあろうがここではなかったものとしたい.

おまけ



2つの映画についてはまたどこかで...