パワパーク@Wiki 221総括(西武)


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


第221回西武後半戦総括


チーム後半総括
最終的にパ・リーグ2位でAクラスに食い込むものの、CSでまたもや敗退。
実力としては十分だが日本シリーズに出場できないシーズンが続いている。
オフに即戦力投手が2人入団し、戦力はさらに充実している。
若手とベテランをうまくかみ合わせ日本一を狙う。
注目選手 野手 長門有希
1番を任されているリーディングヒッター。
実力としては3割5分を打ってもおかしくはないが思うように成績は伸びていない。
まだ若く将来性もあるので期待したい。
注目選手 投手 上原浩治
今期中継ぎながら10勝を記録した本格派右腕。
5年目25歳とは思えない強さで打者をねじ伏せる。
そろそろ先発に転向してもいいかもしれない。

-後半戦を終えて-
全体の総括
ソフトバンクが圧倒的な強さでパ・リーグ3連覇。若手とベテランが完璧にかみ合い、黄金期突入といってもおかしくはない。しかし下位球団と上位球団との戦力差が小さくなりつつあるため、来季以降の優勝チームは正直言って予想がつかない。ドラフト選手の質も右肩上がりで、今後さらに戦力差が小さくなることだけは予想できる。


第221回西武前半戦総括


チーム前半総括
前半戦は、2位にいる。
オフ中に、先発2人と抑えを失い、投手陣への大きな不安があったが、
大した問題はなかったように思われる。
先発は全員が勝ち越せている。とても頼りになる先発陣だ。
二桁勝利も期待できそう。
上原浩治が中継ぎ陣を一人でひっぱている.
野手ではベテラン勢が頑張っている。
後半戦にむけて、
SBに総合力では劣っているが、Aクラス入りして、優勝をものにしたい。
wiki評価が、Aになってしまった。怠ったた本人達はいなくなり・・・

注目選手 野手 apple
前半戦のここまで、打率,341と高い打率をマークしている。
今期緊縛取得し、昨年の打率,243より大きくアップした。
守備では、高い守備力が買われ、ショートを任されている。


注目選手 投手 フィリップ
昨年の最多勝利投手、前半戦8勝5敗と今や、西武のエース投手。
防御率も、2.32と優秀だ。S級のスタミナの持ち主!!
高いスタミナで完投試合を量産できるか、期待がかかる。



-前半戦を終えて-
全体の総括
昨年の王者ソフトバンクが①位に居座っている。
②位は西武。SBとの差2.5ゲームで追いかける。Aクラス入りは確実だ。
③位は日ハム。チームの総合力が、あがってきた。投手陣が好調だ。
④位は楽天。昨年は4位からの巻き返しで、ぎりぎりで3位に入り込みCS出場へと這い上がったので、まだまだわからない。
⑤位にはオリックス。昨年のこの時期より得点力はアップしたように思われる。今年こそ最下位脱出となるか。
⑥位は、ロッテ。得点率が、2.4点と他球団に比べ低い。チーム打率はいいのに、得点力不足が心配だ。
さて後半戦はどうなるか、SBの3連覇となってしまうのか・・?



第212回 第213回 第214回 第215回 第216回 第217回 第218回 第219回 第220回



最終更新者:五十嵐峻
最終更新日時: 2009年02月11日 01時42分17秒
通算訪問者   -
今日の訪問者  -
昨日の訪問者  -