|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

終戦 Phase-33


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

カガリに言われるがまま、会議室に連れてこられた馬鹿6人と元テロリスト3名

アスラン「テロリストって…」
オルガ「違ったのか?」
アウル「いきなり現れて両軍に攻撃、テロっていうじゃんない?そういうのってさ」
ムウ「確かにアウルの言う通りかもしれんが、こっちとしても守りたいモンが…」
スティング「どのテロ組織もソイツ等なりに守りたいモンがあってテロしてるさ」
クロト「ですね。やっぱりテロリストだ」
キラ「確かに僕達はテロリストなのかもしれない。だけど、時にはどんな汚名をかぶ」
シャニ「ウザい」
ステラ「キラ、話長い。ステラ、飽きちゃった」
キラ「・・・(ラクス、僕は…)」
カガリ「悪いが話はそこまでにしてくれ」

カガリの一言で9人はピタリと話すのを止める。さすがに六馬鹿もカガリの真剣な顔にやや不満そうだが黙り込む。
カガリは机の上の書類を手に取り、ムウに手渡した。

カガリ「ん」
ムウ「何だよ、コレは?」
カガリ「読んでみろ、皆に聞こえるようにな」
ムウ「は?まぁ、いいけどさ。そんじゃ、えぇと何々…」

ムウは大きな声で書類を読み始めた。残りの8人も真剣に耳を傾けた。
メニュー


ネタ

SS


■ 単発ネタ


更新履歴

取得中です。