|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

終戦 Phase-45


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

六馬鹿「・・・」
ラクス「こんにちは、私はラクス・クラインですわ。・・・あの、聞いていら」

ブチッ

オルガ「ぉ、おい!何で切ってんだよ!」
クロト「当たり前だろ!!何なのさ、今のは!」
スティング「とりあえずラクス・クラインだったな」
クロト「そんなことはわかってるよ!僕が聞いてるのは、何でラクス・クラインがドミニオンにいるかってことさ!」
アウル「ただクロトが通信先を間違えただけじゃないの?」
オルガ「そうだ、そうに決まってる!今のはとてつもない偶然だったんだ!いくら何でもドミニオンにラクス・クラインがいるわけがねぇよ」
クロト「で、ですね!じゃあ、気を取り直してもう一回…」
ピピピ、ピッ!
ラクス「ハイ、こちら地球連合軍所属艦ドミニオンのラクス・クラインですわ」
六馬鹿「orz…」

ラクスの明るい笑顔とは逆にその場に崩れ落ちる六馬鹿。まだ彼等の中に状況を理解できた人はいなかった。

ラクス「あらあら?先程の人達ですね?突然通信が切れてしまいましたので、ビックリしましたわ」
オルガ「お、おい。アンタ本物のラクス・クラインか?」
ラクス「本物と思ってくださって問題ないと思いますわ」
スティング「じゃあ、何でそのラクス・クラインが地球軍のドミニオンにいるんだ?」
ラクス「今日はアズラエルさんと今後の方針を話し合いにきたんですわ。でも少し早く着いてしまいましたので、こうして一人で待っているんですの」
アウル「今後の方針ってあの新しい条約関連のこと?」
ラクス「はい。詳しくはお話できませんが、その条約についてどう対応するかを決めようかと」
クロト「じゃあアズラエルのおっさんは今どこ?」
ラクス「私にはわかりませんが、今、フレイさんが呼んできてくれていますわ」
オルガ「ああ、そういうことだったのか」

六馬鹿は大方の事情を把握し、落ち着きを取り戻していた。
一方、ラクスの方は六馬鹿の質問責めに少々疲れたようだった。
彼女としては普通の楽しい会話(?)を期待していたので、心なしか残念そうな顔している。

オルガ「おっさんがいねぇんじゃ、話にならねぇよな」
スティング「そうだな。勝手な通信は控えるべきだ」
アウル「えぇ!?画面の向こうにいるのは、あのラクス・クラインだぜ?もうちょっと話そうよ」
クロト「同・意!こんな機会は滅多にないよ!」
オルガ「アホか、お前らは。あっちも忙しいに決ま」
ラクス「私もお話したいですわ」
オルガ「・・・あぁ?」
ラクス「先程も言いましたけれどアズラエルさんがいらっしゃるまで私も時間が余っていますの。もしよろしければ、それまでお話していたいのですが…」
クロト「ほらみろ!」
アウル「やった!あとで自慢できるね!」
オルガ「別に自慢にはならねぇだろ…」
スティング「話すにしても何を話せばいいんだ?」
ラクス「そうですね…。とりあえず、さっきは質問されてばかりでしたので、今度は私が質問させていただいてよろしいですか?」
アウル「もちろん!」
クロト「なんでもいいよ!」
オ・ス「(幸せな奴らだな…)」

こうして今度はラクスの質問タイムが始まった。

ラクス「では行きますわ。まず、あなた達のお名前から教えてくださいな」
アウル「アウル・ニーダだよ!」
クロト「クロト・ブエル!」
スティング「スティング・オークレーだ」
オルガ「オルガ・サブナック…」
ラクス「あらあらあら?あの、最初にいた左目に髪のかかったお方と金色の髪の女の子が見当たらないのですが…」
クロト「あ、ホントだ。シャニとステラがいないね」
アウル「どこいったんだろ?」
オルガ「知らねえな」
バタン

その時、扉が突然開いた。四馬鹿は軍の関係者かと思って、恐る恐るドアの方向を見た。
メニュー


ネタ

SS


■ 単発ネタ


更新履歴

取得中です。