|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

スティングの日記


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

今日は休みだったので、雑魚部屋の掃除がしたくなったので、
バスケットでアウルを焚きつけて、みんなを外の艦盤へと出そうとした。
でもどういうわけかオルガが机に張り付いたまま外へ出ようしなかったので、
今は宿題か何かしてて手が離せないのかと思い、忙しいか聞いてみたところ、
「何でもねぇよ!!わかったよ出るよ」と吐き捨てるように行って出て行った。
オルガが離れた机を見て見るとノートがあり、やっぱ宿題だったのかなと
ページをぱらぱら捲ってみると「キスしちゃった☆」という言葉が書いてあった。
あまりの衝撃にびっくりして周りを確認した後、もう一度よく読みなおしてみたら
どうやらオルガが作った小説の物語のようだった。
しかしそのあまりにもファンシーな内容だったことにも驚いたので余白のページに
小さく「見ちゃった☆」と書いてその後、何ごともなかったように掃除を続けた。
コロコロをやり終えたので、手洗いうがいをさせてからみんなを中に呼び戻すと
いち早く部屋に戻ったオルガはいそいそと机に付いたがページを開くなりギョッと
した顔をして、皆を見渡した後急いでノートを自分の棚にしまっていた。
そして上擦った声でポーカーやろうとトランプを持ち出し、やっている最中オルガは
人一倍皆の様子を伺っていたがアレはきっと多分詮索してるんだろうなぁと思った。
その後みんなから、特にアウルとクロトから「オルガが一対一の状況になると
『アレは間違いなんだよマジで!!』って言ってきて意味わかんない!!」という言葉を
聞くので流石に可哀想なことをしたなと思い、ポーカーで負けたことじゃないのと言っておいた。
それで今度は余白のページにできる限り丸文字で「できたら読ましてね。」と書いた後、
また何事もなかったように洗濯物を取りに行き、ノートをもう一回チェックしてみると
さっき書いた文字の隣に小さく「うん」と書かれてあった。
それ以降、オルガはやけにフレイに「こういうシーンだと女の子はどー思うかな?」とか話の相談を
持ちかけるようになりフレイは困惑していたがアレは俺のせいではないと思う。

あと年賀状の書き損じハガキに誰か二人「クロト・ブエルール」って書いてる奴がいた。
メニュー


ネタ

SS


■ 単発ネタ


更新履歴

取得中です。