|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

連合vsZ.A.F.T.?


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ここ連合艦隊内で、3馬鹿が出撃しようとしていた。
 「ステラも…」
 「仕方ね―だろガイア跳べねーし泳げねーし」
 ステラは戦闘に参加したがっていたが、MSの性能を考えて基地の護衛に回ることにした。
 そこで常夏チームのクロトが割り込んで言った。
 「僕のレイダーの上に乗ってけば大丈夫だよ」
 「ウェーイ!連れてってー!!」
 「仕方ない、護衛にはカラミティを置いておくか…」
 こうして、5バカは出撃することとなった。
 「あーそうそう、クロト」
 「はい?」
 「あまり変形は解くなよ。ガイアが海に落ちてしまうからな。」
 「ふん」
 ミネルバ
 「あの3馬鹿ね!ルナマリア・ホーク、ザク出るわよ!」
 「レイ・ザ・バレル、ザク出る」
 「シン・アスカ、コアスクランダー行きます!」
 シンを乗せたコアスクランダーの後に続き、それぞれのパーツが射出される。それによって
インパルスが組み上がった。
 「なに?4馬鹿だと!」
 出撃早々シンがレーダーを見て意標を突かれたように言った。
 ミネルバブリッジ
 「えええぇぇぇっ!?」
 タリアはこの状況に、ルナとレイに指令を出す。
 「くっ、ルナマリア、レイ!海の護衛はいいからフライトユニット搭載して敵を迎撃し
て!」
 「えええぇぇぇっ!?大丈夫なんですか!?」
 アーサーのバカっぷりにタリアがあきれて言った。
 「仕方ないでしょ?」
 「大丈夫かなー海の方放っておいて。しかもなんで馬鹿が増えてんのよ」
 「お前も相当馬鹿だぞ。凸に惚れるなんてな」
 レイがいつものようにクールに言った。
 戦場
 「ステラ、落ちないでよね!」
 「大丈夫…」
 レイダーはいつものように変形して現れてるが、上に乗ってるのがガイアだ。
 「敵見えたよ!」

フライトユニットをつけたルナ専ザクに向かって頭部エネルギー砲を放つ。ガイアがそれに
続いてビームライフルを撃つ。赤Gザクはそれをかわし、エネルギー砲をガイアに向けて撃っ
た。
 「来たよ!」
 クロトの合図とともにガイアは飛び上がる。エネルギー砲はレイダーの背中スレスレで当た
らない。レイダーは防盾砲を撃ち、ガイアはビームライフルを撃つ。そこにレイのBザクが現
れた。
 「ルナマリア!大丈夫か?」
 「遅い!」
 二つの攻撃を右に避けながら、レイに叫び込んだ。
 ガイアはレイダーの上に着地、Bザクはビームライフルをレイダーに向けて撃つ。ルナ専は
ビームトマホークを投げつける。
メニュー


ネタ

SS


■ 単発ネタ


更新履歴

取得中です。